Vol. Winter 2019 特集

ラッセル・ワイタンギで歴史探検をするなら


メインイメージ

最古の教会を訪ねる ― Christ Church

1835年に建築された「クライスト教会(Christ Church)」は、ニュージーランドに現存する最古の教会と言われています。英語とマオリ語により初の礼拝が行われたのは1836年1月3日のことですが、ほかにも、裁判所や政府からの公式発表の場としても利用されていました。礼拝は毎週日曜日の朝10時半から。しっかりと知識を身に付けたいという人は、「Hikoi Tahi Walking Tour」に参加することをおすすめします。

winter2019_feature2_02.png

目で見て、耳で聞く ― Hikoi Tahi Walking Tour

現地の人から直接話を聞きたいという人は、「Hikoi Tahi Walking Tour(http://hikoitahiwalks.co.nz/)」に参加してみてはいかがでしょうか。現在提供されているツアーは「Flagstaff」「Russell Kororareka」「Christ Church Cemetery」の3種類となっていて、フラッグシップの丘や人々の生活、クライスト教会などについての物語を聞くことができます。興味がある人は今すぐアプリをダウンロード!

winter2019_feature2_01.gif

「ラッセル博物館」― Russell Museum

街の中心部に位置するシンプルなデザインの建物。ここではマオリや捕鯨、英国の帆船「エンデバー号」、コロラレカの戦いについてなど、現在のラッセルにまつわる歴史を知ることができます。入口付近にはショップも併設しているので、ちょっとしたお土産物選びにも◎。時期によっては特別展を開催していることもあります。

winter2019_feature2_03.JPG

ラッセル博物館 Russell Museum
住所:2 York Street, Russell
TEL:09-403-7701
開館時間:10:00am-4:00pm、1月のみ10:00am-5:00pm
入場料:大人 $10、子供 $3、家族割引 $10 大人1名につき、子供1名無料
Web:www.russellmuseum.org.nz

ワイタンギ条約グラウンドの見どころ
スタッフに聞いてみました!

「ニュージーランドのことを知るなら外せないアトラクションの一つです」― ワイタンギ条約グラウンドのスタッフに、見どころについてお話いただきました。

「ワイタンギ条約グラウンドでは、ニュージーランドならではの物語を楽しんでいただくことができます。開放的なカフェやギャラリー、観光案内所、青々と茂った草花、博物館での見学を通して、素敵な体験ができること間違いなし。ほかにも、マオリ族が乗ってきたとされているカヌー"ワカ"の展示やマオリ族の伝統パフォーマンス、ガイドツアー、彫刻スタジオなどもあり、コミュニケーションの場としてもうってつけ。ニュージーランドを訪れるならマストな観光スポットの一つですよ」

winter2019_feature2_04.jpg

ワイタンギ条約グラウンド
住所:Tau Henare Dr., Waitangi
TEL:0800-9248-2644(NZ国内)09-402-7437
営業時間:9:00am - 17:00pm
(12/26~2/29のみ9:00am - 18:00pm)
休日:クリスマスとワイタンギデイ(2月6日)
料金:通常料金50ドル、居住者25ドル

各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら